FXで確実に利益を上げるには

為替への投資で、
自己資金を基に利益を出すために行うのが、
FXの目的です。

ですからトレードを開始したものの
予測に反した動きは損失に繋がるので
食い止めなければなしません。

損きりはその為にあるのです。

為替とは耐えず上下して動きていくものですから、
下がっていって損失が発生しそうになっても
逆な動きになる可能性もあります。

でもそんなには旨くいかないものですから
損金が拡大していかないようにトレードに
ストップをかける損きりは、
FXの基本中の基本と言われているのです。

でも利益を出さなければFXをやっていく意味はないので、
損きりのタイミングだけではなくて、
利益確保決裁のタイミングが重要となってくるのです。

FXで確実に儲けていくには、
欲を出さずに損きりする前に
早めに決裁した方が良いですよね。

楽しむことが大事

楽しいと思わないことは、
楽しいと思えないことは
どんなときでも何をやっても成功はしません。

スポーツをしている時でも
楽しいと思えないと長続きはしていきません。

FXにしても楽しいと思って取引をしていくことが大事です。

FXの取引は金融資産を増やしていくということが目的ですが、
死に物狂いでわき目も振らずに取引をしていては、
いずれ失敗してしまうことになります。

FXトレードというのは神経を集中して
行わなければならない非常に知的な仕事になっています。
考えもせず取引をすることは非常に危険な行為となるでしょう。

また、お金に余裕がないときに
FX投資に取り組んでしまうと、
本当にろくな結果になりません。

余裕資金でもって楽しんでFXでの取引をしていきましょう。

一番大切なことはFXのトレードを
誰よりも楽しんで取り組むということになります。

これが一番取引を上手に成功させるための秘訣となっています。
しっかりとした勝ちを意識した取引をして楽しんでいきましょう。

為替変動リスクを味方に

FXで利益を得るためには主に2つの方法があります。
為替差益による利益とスワップポイントによる利益となります。

為替差益とスワップポイントとも
損失につながることもあり、
特に為替差益は為替変動リスクと呼ばれるリスクにもなります。

為替変動リスクは急激に為替が変動したことにより
大きな含み損が出てしまうことですが、
大きな含み損が出たとしても
損切り注文を出さなければ含み損のままで損失は確定しません。

為替変動リスクは、為替差益による利益にもなりえますので
リスクと言っても、良い影響のリスクでも
悪い影響のリスクでもどちらでも捉えることができます。

この為替変動リスクを上手に味方につけてあげることで
FXでの利益はどんどんと増えていくことになります。

FXでの利益を得たいのであれば
為替変動リスクとしっかりと向き合って、
FXでの取引をしていきましょう。

為替変動リスクは怖いところもありますが、
味方につければ取引が楽しくなっていきますよ。

ISM景況指数

ISM製造業景況指数とISM非製造業景況指数の数値が
経済指標として発表されています。どちらとも企業の
景況感を表す指標となっており、大手企業にアンケートを送り、
そのアンケート結果を集約して出したのが
この製造業と非製造業の景況感指数として毎月1回ずつ発表されます。

この景況感指数はどちらとも50を堺にして、
好況なのか否かを知ることができます。

10月度の製造業景況感指数は予想をはるかに上回る
56.4という数値をたたき出し、製造業の好況っぷりが
良く現れる結果となりました。

またISM非製造業景況指数も55.4となり
前月および予想されていた数値よりも良い結果が出ることになりました。

10月度の景況指数では、政府機関の一部閉鎖による
景気後退感が少しでるかと思いましたが、
そこは二つの指標とも予想に反して上昇していきました。

これは米国の経済状況が良好だということを示しています。
あとは、この景況感に従って消費者の購買意欲なども
あがってくると良いのですが、なかなか消費者の購買意欲にまでは
つながっていない様です。

この景況感が消費者の方々に回ってくるのは
来年以降になってしまうかもしれませんね。

しかし、ひとまずは米国の経済が持ち直してきていますので、
円売りを仕掛けつつ様子を見ていくというのが良い取引になりそうですね。

オーストラリアドル

オーストラリアの中央銀行が、
中国経済の減速を受けて、
オーストラリアからの中国への輸出が
急激に伸び悩んでいることから、

オーストラリアの経済成長が減速しているという判断をして、
オーストラリア市場最低の水準になっていた政策金利を
さらに0.25%引き下げて2.5%と決めました。

さらに史上最低の政策金利になったということになります。

オーストラリアでは失業率が5%を超える
高い水準で推移しているため
雇用情勢も悪化していることもあります。

オーストラリア中央銀行のスティーブンス総裁は、
景気の見通しを今後も点検し、
持続的な経済成長のために必要に応じて
金融政策を調整するという発言を残していますので、

今後さらなる景気の悪化ということにもなれば、
オーストラリアの政策金利は低下し、
大規模な金融政策が行われる可能性も十分に考えられます。

このオーストラリアの政策金利の引き下げを受けて豪ドル円は、
100円を超えていた水準から現在は80円台後半の水準で推移しています。

この政策金利の引き下げの状況や、
今後のオーストラリアの経済状況を見ていても
さらに豪ドルは売られる可能性が残っています。

どこまで下がるのかは判断しかねますが
中国経済の動向にオーストラリアの政策金利は
左右されるといっても良いでしょう。

中国経済の見通しはさらに悪くなると見られていますので、
オーストラリア経済も復調の兆しはだいぶ先のこととなりそうです。

スワップポイント狙いで買われていた豪ドルですが、
そのスワップポイント狙いの取引もうまみが
だいぶなくなってきてしまいましたね。